ハーヴェスト出版 穢翼のユースティア

 穢翼のユースティア 黒き羽
この『牢獄』では、悲劇が日常だった――。

十数年前、浮遊都市ノーヴァス・アイテルを襲った災害、『大崩落』。
突如発生した地震とともに都市の一角が浮力を失い、数千とも言われる人々の命が混沌の大地へと吸い込まれていった。
居住区画の一部は辛うじて崩落をまぬがれたが、大きく沈降し、絶壁により他の区画から隔離されてしまう。 やがて食料不足に端を発する無秩序状態から、そこは次第に貧困・売春・暴力が支配する街となっていった。
『牢獄』と称される区画の誕生である。

そして現在。牢獄を取り仕切る非合法組織『不蝕金鎖』の依頼で行方不明の馬車を捜していたカイムは、馬車の被害現場で体から謎の光を放つ少女に出会う。 その光は、かつてカイムが大崩落の時に見た『終わりの夕焼け』と同じ輝きだった……。

オーガスト原作『穢翼のユースティア』の小説版、第一弾!
原作:オーガスト
著者:佐々宮ちるだ
発売:2011年11月22日
定価:924円(880円+税)
ISBN:978-4-434-16417-6

(c)AUGUST (c)Tilde Sasamiya



 穢翼のユースティア 蒼き月
どんな人にも生まれてきた意味があるなら、
私は、人じゃないってことなんだ――。

謎の生物『黒羽』による殺戮事件が解決してから十数日が経過。 浮遊都市ノーヴァス・アイテルのス・アイテルの『牢獄』と呼ばれる居住区画では、人々はいつもの生活――絶望と諦めに満ちた日常に戻っていた。
その一方で、牢獄内の支配を二分する非合法組織『不蝕金鎖』と『風錆』の抗争は日ごとに激しさを増していく。 上層の貴族を背後につけ、麻薬の販売にまで手を染めて急速に勢力を拡大している風錆。対して、先代頭目の意志を固く守る不蝕金鎖。 不蝕金鎖で用心棒をしている主人公カイムは、次第に組織間抗争の渦中へと巻き込まれていき……。

オーガスト原作『穢翼のユースティア』小説版、第二弾!
原作:オーガスト
著者:佐々宮ちるだ
発売:2011年12月25日
定価:924円(880円+税)
ISBN:978-4-434-16148-3

(c)AUGUST (c)Tilde Sasamiya



 穢翼のユースティア 白き聖女
――感謝しなくてはなりませんね。
貴方な先代の聖女様によって救われたのですから。

浮遊都市ノーヴァス・アイテルの『牢獄』と呼ばれる居住区画での、ふたつの非合法組織『不蝕金鎖』と『風錆』の抗争が決着して数日。 ヴィノレタでくつろいでいたカイムたちのもとに、聖教会からの遣いを名乗る女、ラヴィリアが現れる。
彼女は聖女イレーヌからの依頼で『天使の御子』とされるティアを聖域へと招くためにやってきたと言うが……。

天使の御子とは?
この都市を空中に留める聖女の祈りの力とは?
――そして、かつての大災厄『大崩落』の原因とは?

オーガスト原作『穢翼のユースティア』小説版、第三弾!
物語は、いよいよ世界の謎に向かって動きだす――。
原作:オーガスト
著者:佐々宮ちるだ
発売:2012年02月10日
定価:924円(880円+税)
ISBN:978-4-434-16362-3

(c)AUGUST (c)Tilde Sasamiya



 穢翼のユースティア 金色の王女
「くくっ……くふふっ……そうか、私は召使いか。
言葉遣いが荒いのはすまなかった、許せ」

第二十九代聖女イレーヌの処刑から数日。若手貴族ルキウスに登用されたカイムは、補佐官として王城に登城していた。
ルキウスは、浮遊都市ノーヴァス・アイテルの全ての秘密を掌握してひた隠しにしている執政公ギルバルトを失脚させるべく、武装蜂起を計画しているという。 カイムの任務はそんなルキウスの身辺警護と、城内での情報収集だった。
そんなある日カイムは、言葉遣いの荒い小さな召使いの女と出会う。その女の正体は……。

オーガスト原作『穢翼のユースティア』小説版、第四弾!
かつての大厄災『大崩落(グラン・フォルテ)』が起こった、真の理由とは!?
原作:オーガスト
著者:佐々宮ちるだ
発売:2012年03月25日
定価:924円(880円+税)
ISBN:978-4-434-16363-0

(c)AUGUST (c)Tilde Sasamiya



 穢翼のユースティア 混沌の天使
今、この世界でカイムさんを護れるのは、
わたしひとりなんです――これってすごいことですよ。

ルキウスの武装蜂起、執政公の暴走、牢獄の更なる崩落、そしてリシアの王位継承…… 浮遊都市ノーヴァス・アイテルの全てが大きく変化しつつあるそんな折、 ルキウスがカイムとティアに見せたものは、研究室の頂上に幽閉されていた「天使」だった。
執政公が最期に起こした天使の力の暴走により、この都市に残された時間は残り僅かになっている―― その事実をふたりに告げ、天使の御子たるティアに実験への協力を仰ぐルキウス。
そんな折、新聖女お披露目の儀式で再び地震と崩落が発生する。
混乱する牢獄民を鎮めようとするリシアの前に現れた人物とは……!?

オーガスト原作『穢翼のユースティア』小説版、最終巻!
あなたは奇蹟の目撃者になる……。
原作:オーガスト
著者:佐々宮ちるだ
発売:2012年06月20日
定価:924円(880円+税)
ISBN:978-4-434-16575-7

(c)AUGUST (c)Tilde Sasamiya


各作品の商標及び画像には全て著作権があります。無断転載を禁じます。
Copyright (C)2012 harvest-inc. all rights reserved.